最近は気軽に旅行や出張などで海外に行く機会が増えているものです。多くの人がパスポートを持っていて、時間とお金に余裕があれば、海外に渡航できるような時代になっているのです。海外に行く際には国際空港を利用していくことになるのですが、中でも大きな空港として利用客も多いのが成田空港です。成田空港まで行くには公共の交通機関でもスムーズに行くことができるのですが、家族などで多人数で行く場合や高齢者や子供が同行する場合、荷物がかなり多い場合などには自家用車を使うというのもいいでしょう。自家用車といってもセダンやワンボックス、コンパクトカー、軽自動車や四輪駆動車、国産車もあれば、輸入車などもあります。成田で車を預ける際にはどのような扱いになるのかについて、触れてみましょう。

成田空港駐車場の車の制限について

成田空港の敷地にある駐車場というのは、ターミナルまでも近く、悪天候でも移動をするのが楽なので、とても便利です。ただ、空港駐車場においては、一定の制限があるので、気を付けるようにしましょう。それは一般駐車場を利用する際の大きさの制限です。普通車であれば停めることができるのですが、高さが2.3mまで、幅が2.2mまで、そして長さが5.7mまでといった制限があるところもあるのです。ですから、それを超える場合には入庫できないこともあるので、注意が必要なのです。しかしながら、ほとんどの車が入庫できますし、国産車であっても輸入車であっても軽自動車でも関係なく、駐車料金も同じになります。ちなみに2つの駐車料金のパターンがあって、5日までは1日あたりで2060円と1540円に分かれていて、それ以降は1日520円がプラスされるようになっているのです。

民間パーキングの車の制限について

成田空港の近隣に数多くあるパーキングではどうでしょうか。空港送迎のバスが出るプランでは、かなり安く利用することができるのです。安いところでは駐車料金が一日あたりで380円から500円くらいの幅があって、それに基本料金がかかるようになります。これが日数が増えると同程度の総額になってきたりするので、日数やサービス内容などによって、どこにするのが得なのかを考えるといいでしょう。車の制限をしているところは多くはなく、国産車でも輸入車でもワンボックスやRV車、軽自動車でも利用できるところばかりです。ただ、一部では大きさの制限があったり、輸入車や高級車などで追加料金が若干発生することもあります。ですから、事前に内容などをよく調べてみることをおすすめします。
高級車などではガレージ式や屋根付きなどにする方がいい場合もあります。